1. 令和4年度新規事業 クラウドファンディングを活用した支援事業について 令和4年度の手数料助成の申請受付を開始します!

ニュース・トピックス

令和4年度新規事業 クラウドファンディングを活用した支援事業について 令和4年度の手数料助成の申請受付を開始します!

産業労働局
(2022/6/23)

  • クラウドファンディングを活用した支援事業
  • 手数料助成

東京都は、クラウドファンディング(以下「CF」という。)を活用した支援事業として、CF支援事務局(銀座セカンドライフ株式会社)を通じて手数料の助成や相談窓口の設置等を実施しています。
この度、以下の3つの事業について、

  • 「クラウドファンディングを活用した資金調達支援」
  • 「クラウドファンディングを活用したDX支援」【新規】
  • 「クラウドファンディングを活用した事業の再構築支援」【新規】

令和4年度の手数料助成の申請受付を6月24日(金曜日)から開始いたしますので、お知らせします。

1 各事業の概要

CFを活用した
資金調達支援
CFを活用した
DX支援【新規】
CFを活用した
事業の再構築支援【新規】
支援対象者 都内で事業を行い、次のいずれかに該当する創業希望者又は中小企業者【注】
  • 創業の計画がある者
  • 創業から5年未満の者
  • 新製品・新サービスの創出に挑戦する者
  • 「『未来の東京』戦略」の戦略に寄与するソーシャルビジネスを行う者
都内で事業を行い、次に該当する中小企業者【注】
  • デジタル技術を活用した新製品・新サービスの創出に挑戦する者
都内で事業を行い、次のいずれにも該当する中小企業者【注】
  • 事業の見直し・再構築にチャレンジし、事業の継続・発展を図る者
  • 令和2年2月以降の任意の3か月の各月の売上高が、令和2年1月以前の直近同月の売上高と比較し、それぞれ5%以上減少していること。
助成 CF事業者に支払う手数料の2分の1(上限額40万円)
<特例>
コロナに伴い、発生・顕在化した社会的課題の解決に資するもので、「『未来の東京』戦略」の戦略に寄与するソーシャルビジネスを行う個人または法人は、CF事業者に支払う手数料の3分の2(上限額50万円)
CF事業者に支払う手数料の3分の2(上限額50万円) CF事業者に支払う手数料の3分の2(上限額50万円)

【注】個人事業主、株式会社に加え、NPO法人、一般社団法人なども対象となります。

2 CF事業者(9事業者11サイト)

運営サイト名 事業者名
A-port 株式会社朝日新聞社
BOOSTER 株式会社CAMPFIRE
CAMPFIRE
GoodMorning
GREEN FUNDING 株式会社ワンモア
J FUNDING 株式会社グローバル・デイリー
kibidango きびだんご株式会社
machi-ya 株式会社メディアジーン
Makuake 株式会社マクアケ
MOTION GALLERY 株式会社MotionGallery
READYFOR READYFOR株式会社

(運営サイト名のアルファベット順)

【参考】事業の仕組み

※別紙 「クラウドファンディングを活用して資金を調達してみませんか?」(PDF:2,831KB)

本件は、「『未来の東京』戦略」を推進する事業です。
1 「CFを活用した資金調達支援」
戦略11 スタートアップ都市・東京戦略「多様なスタートアップ育成プロジェクト」
2 「CFを活用した事業の再構築支援」
戦略12 稼ぐ東京・イノベーション戦略「次世代につなぐ中小企業・地域産業活性化プロジェクト」
3 「CFを活用したDX支援」
戦略10 スマート東京・TOKYO Data Highway戦略「TOKYO Data Highwayプロジェクト」

問い合わせ先
産業労働局金融部金融課
電話 03-5320-4804
専用ホームページ(外部サイトへリンク)

PAGE TOP