インキュベーションオフィス

RYOZAN PARK GREEN(開設予定時期:2023年7月)

所在地
〒170-0005 東京都豊島区南大塚2丁目35-10
アクセス
JR山手線 大塚駅 下車徒歩4分
都営丸ノ内線 新大塚駅 下車徒歩4分
WEBサイト
https://www.ryozanpark.com/work/

お問い合わせ・所在地はこちら

施設の特徴

未来を担う子供達へもつながる「環境や農業」をテーマとした起業家たちを支援できる場を目指します。水耕栽培設備、コンポストなどを有した実験室や、屋上菜園などの専門設備を設ける予定です。同ビルには作物や製品を販売できる予定のカフェのほか、都市の中で植物との共存を考えるコミュニティを作りたい人たち向けの住宅もあるので、起業家達に生活に基づいたアドバイザーとして、施設がその一役を担うはずです。創業支援の特徴として、専属のIMへの個別相談に加え、SDGs未来都市に選ばれている豊島区やサステイナブルな事業を行う地元企業、近郊の農場等と積極的に連携を図り、利用者との交流および連携を支援します。

施設概要

RYOZAN PARK  GREEN(開設予定時期:2023年7月)イメージ RYOZAN PARK  GREEN(開設予定時期:2023年7月)イメージ

11階建ての住居・オフィス・店舗複合ビルのうち、2フロアーをインキュベーションシェアオフィスとする予定です。
1Fにはカフェ、2Fと3Fには特化型設備付きのコワーキングスペースに加え、テラス、個室オフィスや会議室が設置する予定です。
4F〜11Fには住宅があり、住人達ともコラボレーションができる空間として、フレキシブルスペースや植物や野菜などの栽培ができる屋上菜園を設置する予定です。その他、大塚、巣鴨にあるRYOZAN PARKシェアオフィスや会議室、ギャラリー、イベントスペース、シェアキッチンも使用できます。シェア農園も千葉県に計画しています。

施設運営者からのメッセージ

RYOZAN PARK  GREEN(開設予定時期:2023年7月)イメージ

大河の一滴かもしれませんが、一人の力では実現が難しいと思われる個人の環境問題や農業への取り組みが、この施設を使うコミュニティや新たに生まれる絆を通して、他の起業家たちとの連携により、起業として成長していくことを期待しています。
 例えば、個人でコンポストで土作りを続けている女性が、RYOZAN PARKのコミュニティを通して、豊島区の公園緑地課とも繋がり、公園の土にコンポストからの土を使う提案をするなど、新たな取り組みが進んでいます。他にもベジタリアン、ヴィーガン料理に興味を持っている一母親の思いが、教育関連のコミュニティメンバーと一緒に、新たなSTEAM教育の事業を発展させています。


PAGE TOP